HOME > 研修・大会案内 >基礎から学ぶ食支援〜訪問療法士の評価、関わり方〜

研修・大会案内詳細情報

基礎から学ぶ食支援〜訪問療法士の評価、関わり方〜

開催月日
2017年08月26日(土)
開催時間
09:30 〜 16:30
会場
大阪市立 東淀川区民会館 「会議室1」
〒533-0023 大阪市東淀川区東淡路1-4-53
阪急電車「淡路」駅から徒歩で約700メートルです。スポーツセンター手前奥の建物ですので、東淀川複合施設(スポーツセンター)の案内通りにお越しいただければわかりやすいです。
http://www.kyoiku-shinko.jp/higashiyodogawa/
主催
一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会
内容
在宅における嚥下障害を呈した低栄養の利用者や嚥下障害以外にも認知機能の低下により摂食に問題があり、低栄養の利用者が増えてきている。そこで、在宅における、利用者の栄養管理を行う医師や看護師、管理栄養士のサポートするリハビリ職種が必要であると考えます。リハビリ職種は活動や参加に目を向けながら、利用者の生活全般に対してのアセスメントやアプローチを行う中で、リハビリ栄養に対しする知識の習得や栄養管理の基礎知識を兼ね備えたセラピストの育成が必要です。そこで、基礎から食事支援を学び、低栄養に対するリハビリの関わり方や評価の視点を習得できる場としたいと考えています。


【こんな所困ってませんか?】
低栄養の利用者様に対してどの様に関わったらよいか、評価をしたら良いか、困る事をありませんか?低栄養の方に今までのリハビリ内容でよいのか?
【今回の研修では】
在宅療養者の栄養状態、食物摂取状況の現状などを踏まえながら、栄養管理の根幹となる栄養評価や視点や訪問のセラピストが知っておくべき知識を管理栄養士の先生に御講演いただきます。
リハビリ三職種の先生には、病院から在宅、施設等での関わり方、サルコペニアに対する運動学的視点で評価や関わり、認知機能の低下による食事環境の変化に伴う関わる方、在宅での食支援にや嚥下評価から食形態、摂取方法の評価についてなど講演を頂き、三職種の先生とのシンポジウムを行います。

◆受付期間◆ 受付期間を延長しました。
2017年5月22日(月)12:00〜7月31日(月)→8月7日(月)正午まで

*参加申し込みは、下段の「参加申し込み」ボタン(緑色)をクリックしてください。
 (「参加申し込み」ボタンは、申込開始日時以降に表示されます)

◆参加申し込み方法◆
1.本協会ホームページよりお申込み
2.自動返信メールにて受付の案内(先着順に参加確定)
 参加費等のお支払いのご案内を併せていたします。
 なお、参加費のお振込手数料は、各自でご負担願います。

*会員は、ログイン(会員IDとパスワード要)が必要です。
 ログインせずお申し込みされますと非会員での参加登録となりますのでご注意ください。
*非会員は、ログイン「なし」で申込み
*お申し込み内容の変更・キャンセルは2017年8月7日(月)迄を期限とさせていただきま
 すので、以降の変更・キャンセルによるご返金は致しかねる事をご了承下さい。
*申込後、10日を過ぎてメール返信(受信不具合など)が届いてない場合、
 事務局までお問い合わせください。
大会事務局
〒273-0125
千葉県鎌ケ谷市新鎌ヶ谷1-7-20-201
一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会
電話/FAX 047-752-9199 
E-Mail:nihon@houmonreha.org
事務局員:齋藤
対象
回復期や外来、訪問リハビリ、通所等で食支援に関わるセラピスト(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)また、関心のあるセラピスト
定員
80名
参加費
本協会  会員 6,000円(参加費5,556円+消費税444円)
    非会員 9,000円(参加費8,334円+消費税666円) 
pagetop
参加申し込みは締め切りました。
pagetop

スケジュール

第1日目
2017年08月26日(土)
09:30〜09:50
受付開始
09:50〜10:00
開始 開会式
10:00〜11:30
「在宅療養者の栄養評価~効果的な食支援のために」(90分)
講師:管理栄養士 辻 多重子(大阪市立大学大学院生活科学研究科)
11:40〜12:30
休憩・昼休み
12:30〜13:30
「外来・在宅でフレイル・サルコペニアに向き合う〜筋肉から診る栄養管理〜」(60分)
講師:理学療法士 金谷 里砂(適寿リハビリテーション病院)
13:30〜14:30
「ICFに基づいた栄養摂取評価と介入〜回復期・生活期の作業療法士の視点〜 」(60分)
講師:作業療法士 齋藤 嘉子(介護老人保健施設茶山のさと)
14:30〜14:45
休憩
14:45〜15:45
「在宅での食支援〜評価と対応〜」(60分)
講師:言語聴覚士 藤岡誠二
15:45〜16:25
シンポジウム 「食支援に対する関わりと働きかけ」
講師:金谷 里砂・齋藤 嘉子・藤岡 誠二
座長:山口 勝也(日本訪問リハビリテーション協会理事)
   山下 奉位(札幌渓仁会リハビリテーション病院)
16:25〜16:30
閉会式・終了
 
 
pagetop

更新情報

 
 

更新情報最新5件表示=>更新情報一覧表示

pagetop