HOME > 研修・大会案内 >「通所・訪問リハビリテーションの適切な実施に関する調査研究事業」研修会

研修・大会案内詳細情報

「通所・訪問リハビリテーションの適切な実施に関する調査研究事業」研修会

開催月日
2016年01月30日(土)
開催時間
13:00 〜 16:50
時間備考
開始13時00分  終了16時50分 (受付 12時00分〜)
会場
AP東京八重洲通り 11階  東京駅八重洲中央口から徒歩6分
東京都中央区京橋1丁目10番7号KPP八重洲ビル
http://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-yaesu/
主催
一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会
内容
 本協会は、「通所・訪問リハビリテーションの適切な実施に関する調査研究事業」による調査において、各事業所が様々な訪問リハビリテーションの取り組みをされている実態および連携状況、生活段階における利用者の状況を把握し、訪問リハビリテーションの適切な介入方法をお示しするための基礎資料を作成しており、今回その結果をもとに、下記の要領で研修会を開催する運びとなりました。
厚労省担当課より講演をいただくほか、調査・マニュアルの報告、先駆的な取り組みを行っている訪問リハ実践例の報告、介護支援専門員、医師、看護師、ヘルパーなど多職種から見た、リハマネジメントについて意見交換を致します。
 今後、適切なリハビリテーションマネジメントを実施することは、訪問リハビリテーションにとっては、重要な課題であります。この機会に、多くの皆様にご参加いただきたくご案内いたします。

13:00〜13:10 

挨 拶:日本訪問リハビリテーション協会 会長 宮田昌司

13:10〜14:10 

特別講演「リハマネジメントに求められるもの」 
     講師:厚生労働省 老健局 老人保健課 課長補佐 村井千賀
  
14:10〜14:40 

基調報告
「訪問リハビリテーションにおけるリハマネジメント活用の方法」
      
1)調査研究報告
2)リハマネジメントマニュアル(暫定版)について
    講師:日本訪問リハビリテーション協会 理事 内藤麻生
   
14:40〜14:50 休憩
   
14:50〜16:40 

実践報告「リハマネジメントを活用した訪問リハビリテーションの実践」
座長:日本訪問リハビリテーション協会 理事 鈴木英樹
       
1)実践報告:さっぽろ在宅医療クリニック 作業療法士 播磨孝司
2)パネルディスカッション:多職種から見たリハマネジメント
        
在宅総合ケアセンター元浅草たいとう診療所 センター長  鮫島光博(医師)
一般社団法人日本介護支援専門員協会 常任理事 能本守康(介護支援専門員)
全国ホームヘルパー協議会 副会長  七戸キヨ子(訪問介護員)
セントケア千葉株式会社 事業部 課長  藤原祐子(訪問看護師)

16:40〜16:50  

閉会挨拶:日本訪問リハビリテーション協会 理事 三浦 祐司      

16:50 終了
大会事務局
一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会 事務局
http://www.houmonreha.org
お問い合わせは、本協会ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。

お申込み方法:合同会社ジーン *ホームページからの事前申込となります。
http://www.gene-llc.jp/secretariat/?id=1447123795-158841

◎申込開始:平成27年11月30日(月)12:00〜(定員になり次第締切)

お申し込み後、参加の案内等について、お申込み時の登録メールアドレスに返信いたします。なお、キャンセルの場合は、下記のお申込み問い合わせ先まで必ずご連絡ください。

〇お申し込みに関するお問い合わせ先
合同会社ジーン 担当:藪上
〒462-0059 愛知県名古屋市北区駒止町2-52 リベルテ黒川1-A
E-mail:jimukyokudaiou@gene-llc.jp
TEL 052-911-2800 
対象
訪問リハビリテーション従事者、その他職種不問
定員
300名
参加費
無料
pagetop

スケジュール

pagetop

更新情報

 
 

更新情報最新5件表示=>更新情報一覧表示

pagetop