演題登録

演題登録

演題募集はインターネットを利用したオンライン登録のみです。演題募集要項を熟読したうえで登録に臨んでください。注意事項を読まなかったことによるトラブルについては一切責任を負えませんのでご了承いただきますようお願いいたします。また、演題登録につきましては、スマートフォンからの登録はサポートしておりませんので、必ずパソコンを使用して登録いただきますようお願いいたします。
抄録登録:平成29年12月1日(金)〜平成30年1月15日(月)正午
演題登録の申込時には、会員情報は編集することができません。会員情報の編集は、本協会サイトにて行ってください。 締め切り間際はアクセス集中によりサーバー処理能力が極端に低下します。そのため、登録に時間を要する、あるいは登録を完了できないといった事態が生じる恐れが予測されますが、これらによる締め切り時間の延長はいたしませんので、ご注意ください。

機ケ募資格

  • 日本訪問リハビリテーション協会会員であることが条件です。
  • 非会員の場合には、演題登録期間までに入会手続きを行ってください。
※入会手続き終了後、会員番号およびパスワードの発行に数日を要すことがありますので、非会員の場合には演題登録期間に関わらず、すみやかに入会手続きを行って下さい。
入会初年度の会費は、入会手続き完了時点が4月1日〜9月30日を前期、10月1日〜翌年3月31日を後期とし、入会手続きが後期の場合は、初年度の年会費が半額となります。

供ケ募方法

インターネットを利用したオンライン登録のみです。演題登録を行うには、日本訪問リハビリテーション協会会員番号およびパスワードが必要になるためご用意下さい。協会ホームページからプロフィール登録後、演題登録を行ってください。
また、すでにプロフィールを登録済みの方も登録情報に間違いがないか確認してから演題登録を行ってください。
なお演題登録が完了しても参加申込みにはならないため、演題登録を行った後、参加申込を行ってください。

掘ケ募上の注意

  1. 応募された演題と学会当日の発表内容が大幅に異なることのないようにしてください。
  2. 内容の類似している演題および他学会や雑誌等で発表済みの演題の応募はできません。演題採択後や発表後においてもそれらの事項が発覚した場合は、演題が取り消しになります。
  3. 演題に虚偽の内容が判明した場合も同様に、演題が取り消しになります。
  4. 本文中に研究対象にとって不利益となるような属性(人名、施設名等)を記載しない等、プライバシーポリシーに配慮してください。
  5. 上記の点については、すべて登録者の自己責任において登録を行ってください。主催者側で判明し、演題取り消しとした場合は当協会のホームページ上で公表することがあります。
  6. 抄録に関する著作権は第12回日本訪問リハビリテーション協会学術大会および筆頭演者に帰属します。
  7. 筆頭演者が発表できない場合は必ず共同演者(日本訪問リハビリテーション協会会員に限る)が発表を行なってください。
  8. 採択後の演題の取り消しはできません。
  9. 演題発表に関連し発表者(演者)と共同演者に開示すべき利益相反がある場合開示をお願いします。

検ケ募演題に関する倫理上の注意

ヘルシンキ宣言に沿った研究であることを確認してください。特に、プライバシーの侵害や人体に影響を与える研究に関しては、対象者に説明と同意を得たことを本文中に明記してください。抄録中に倫理規定に関する記述がない場合には登録できません。なお、演者の所属する機関の倫理委員会で承認された研究である場合には、その旨を所属機関がわからない表現で抄録中に記載してください。

后ヅ佻進法

案内にしたがって登録を進めてください。その際、事前にワープロソフト等で文章を作成して登録に臨んでください。入力項目にコピー・アンド・ペーストすると、すみやかに登録を終了することができます。

1.登録に必要な情報

登録時に入力する情報は以下の通りです。予め確認してから登録に臨んでください。

a.演者

全演者の氏名、所属、職種

b.連絡先

連絡先となる演者の電子メールアドレス(本学会終了までアドレスの変更は行わないでください)。なお、フリーメールや携帯メールのアドレスを登録した場合、こちらからの演題受領メールや演題採否等のお知らせのメールが受信できなくなる、迷惑メールに振り分けられるなどのトラブルが発生する可能性があります。よってフリーメールや携帯メールのアドレスは絶対に登録しないようお願いいたします。

c.選択する項目

  • 発表形式:口述発表(一般)
         口述発表(フレッシャーセッション)※
         ポスター発表
    ※フレッシャーセッション
    【目的】
    通常の演題発表の中では質疑時間が限られ、半端なディスカッションで終了するセッションに遭遇します。
    前回大会同様今大会でも、発表後の質疑及び座長やフロアからの助言時間を長く設け、演者、座長そしてフロア聴講者にとって有意義な時間共有を図る事を目的にフレッシャーセッションを設けました。
    【持ち時間】発表7分、質疑3分、助言やフロアとのディスカッション5分
    【対象者】
    ◎訪問リハビリテーション実務経験5年未満の方
    ◎訪問リハビリテーションに関する発表未経験の方
    ◎発表内容や方法に対するアドバイスを求められる方
    対象者はあくまで応募時の目安ですので、ご希望される方に関してはこの限りではございません。
  • 演題分類:演題登録ページ上で表示される第1希望・第2希望を選択
  1. 事例報告
    (鞠招豐票栖機´怯親梓鐚栖機´憩睇障害 呼馼臓終末期 江児関連疾患
    差蘯’承’宗η知・精神障害 酸歐嚥下障害 爾修梁勝
  2. 活動報告、運営システム
  3. 人材育成、教育
  4. 連携、ネットワーク
  5. 調査、研究
  6. 評価、効果判定
  7. リスク管理
  8. その他
  • ご応募いただいた演題の採否および演題分類・発表の形式につきましては、大会長にご一任ください。

d.演題に関する情報

演題名、副題名(必要な場合のみ)、抄録

e.その他

パソコンの環境や使用OS、使用しているWebブラウザの情報について質問させていただく場合があります。

2.抄録作成の注意事項

a.タイトル

タイトルは全角文字50文字以内(副題を含む)、共著者は5名以内、施設は5施設以内とします。

b.抄録

抄録の内容は【目的】【方法】【結果】【考察】【まとめ】などの小見出しを必ず【 】を付けて分類してください。文字数は全角換算(半角英数字は2文字を1文字に換算)で、1,200文字以内(スペースを含む)とします。図表は入れることはできません。 登録できない場合はもう一度文字数の確認をお願いします(特にハイフンなどの記号、英数字など半角文字、スペースなどを文字数としてカウントしているかご確認ください)。

上付き文字やギリシャ文字を使用したい場合は、下記のHTML文字を参考に記載してください。

.登録確認・訂正

登録の際に入力された電子メールアドレス宛に登録完了通知が自動送信されます。メールアドレスを誤って入力すると、登録者へメッセージが送信されませんのでご注意ください。
登録期間中であれば、日本訪問リハビリテーション協会会員番号およびパスワードを入力することにより、何度でも確認・訂正することができます。演題登録後に登録情報の確認を行い、文字数や誤字・文字化けの有無を確認・訂正してください。
内容を更新するごとに更新内容がメールで通知されますのでご確認ください。登録期間終了後の修正は原則として受け付けません。 インターネットによる応募ができない場合、演題登録後1週間以上たっても登録完了通知が届かない場合は、運営事務局までご相談ください。

察ト表形式について

  1. 発表形式については、大会長の判断で変更する場合がありますのでご了承ください。
  2. 発表時間については以下の通りです。
    ●一般演題口述発表7分・質疑応答3分
    ●一般演題口述発表(フレッシャー)7分・質疑応答3分、ディスカッション5分
    ●ポスター発表3分・質疑応答4分
    ※ポスター発表はディスカッションを中心とした発表を予定しています。
  3. 発表で使用する画像については本人の承諾を受けていることを明記し、個人識別ができないように直接画像処理を行ってください。
  4. 口述スライド作成要領
    ・PCプレゼンテーションMS WindowsソフトウェアPower Point(2003/2007/2010/2013/2016)のみです。
  5. ポスター作成要領
    ポスター掲示には、ポスターパネルを用意いたします。掲示はパネルの横120僉濬210僂糧楼呂箸靴泙后パネル左上に演題番号を学会側で用意いたします。その右側に縦25僉濂90僂離汽ぅ困如演題タイトル・演者名(発表演者の氏名の前に○)・所属を表記してください。

※口述発表のスライド受付は当日行います。

※会場にMacintosh PCはご用意しておりません。Macintoshで発表データを作成する場合には、ご自身のPCをお持ち込みください。データをお持ち込みされる場合は、Windows PowerPointでも使用可能な状態でデータをお持ちください。また、Windowsで再生すると、フォントや画像にずれが生じる場合がございますので、必ず事前にWindows環境での再生・確認をいただきますようお願いいたします。

次ケ藺蠖該

  1. 演題の採択は、学会の査読委員による選考結果を参考に大会長が決定します。
  2. 採択された演題の取り消しはできません。
  3. 演題採択結果は登録された電子メールアドレス宛にメールにて通知いたします。
  4. 採否通知は、平成30年3月中旬頃を予定しています。

宗ケ藺蠹佻燭亡悗垢詭箙腓司法

第12回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in北九州
学術大会運営事務局 株式会社 オービット
〒806-0067 福岡県北九州市八幡西区引野1-7-17-202
TEL:093-616-1417
FAX:093-616-1418
e-mail:houmon12@orbit-cs.net