HOME > 研修・大会案内 >第9回認定応用研修会 オンライン研修会 (オンデマンド研修2022年1月17日〜1月31日)

研修・大会案内詳細情報

第9回認定応用研修会 オンライン研修会 (オンデマンド研修2022年1月17日〜1月31日)

開催月日
2022年02月06日(日)
開催時間
08:25 〜 18:15
時間備考
認定訪問療法士養成研修会は、認定訪問療法士要綱細則に則り全てのプログラムを受講することが条件となっているため、原則としてオンラインリアルタイム研修会への遅刻、早退、途中退室を認めません。

オンデマンド形式で事前に動画視聴にて受講をお願いする講義とリアルタイム配信で受講をお願いする講義を分けて実施致します。
オンデマンド視聴期間:2022年1月17日(月)8時〜1月31日(月)正午
  小テスト提出期限:2022年1月31日(月)正午
オンラインリアルタイム研修:2022年2月6日(日)

※オンデマンド講義視聴の上、小テストを提出されない場合には、オンラインでのリアルタイム研修に参加できませんのでご注意ください。
会場
・当研修会はインターネット回線を使用して開催しますので以下の内容をご確認の上、申し込みください。
・インターネット環境がご準備できない場合は、受講できませんのでご了承ください。認定基礎研修会は12時間30分の履修が義務付けられていますので、インターネットを利用して12時間30分の研修をお受けいただきます。インターネット回線が従量制の契約の方はインターネット利用料金が高額になる場合がありますので、事前にご検討の上申し込みをお願いします。
・研修会の中で、課題発表、グループディスカッションを行いますので、カメラ及びマイクが使用できる環境が必要となります。また、スマートフォン、タブレットでの参加はご遠慮ください。パソコンでの参加をお願いします。
・受講者1名に1台のパソコンの準備をお願いします。同一事業所で複数名参加の場合も、1人1台で準備をお願いします。
・オンライン研修会当日の参加者側の通信トラブルや機器の不具合など、参加が困難となった場合にも研修会費用の返金はできませんので、あらかじめご了承ください。

オンデマンド研修:Google Classroomを使用して配信
(Google Classsroom 参加時には事業所のメールではなく、個人のメールアドレス登録をお願いしています。)
・リーダーシップ概論(60分)
  講師:日本訪問リハビリテーション協会 副会長 宇田 薫
・訪問リハビリテーションの効果指標と研究法(60分)
  講師:日本訪問リハビリテーション協会 学術部 大浦 智子
・管理運営(60分)
  講師:日本訪問リハビリテーション協会 教育研修部 古賀 阿沙子
・学会発表における査読・座長・演者の心得(30〜60分)
  講師:日本訪問リハビリテーション協会 認定審査会 藤堂 恵美子

オンラインリアルタイム研修:ZOOM Meeting(Breakout room使用)
・開会式(5分)
・事例報告:学会形式(200分)
・グループワーク:事例報告(60分)
・グループワーク:リーダーシップ演習(90分)
・講義:訪問療法士の役割と期待(40分)
  講師:日本訪問リハビリテーション協会 会長 宮田 昌司
・グループワーク:認定訪問療法士の氏名と展望(120分)
・閉会式(5分)
主催
一社)日本訪問リハビリテーション協会
内容
リーダーシップ、管理運営、疾患別の事例報告等とし、計12時間30分の履修時間とする。
       
*参加申込は、ログイン(会員IDとパスワード要)が必要です。
*下段の「参加申し込み」ボタン(緑色)をクリックしてください。
なお、「参加申し込み」のボタンは、申込開始日時以降に表示されますのでご了承ください。

参加受付:2021年11月8日(月)正午〜12月13日(月)正午まで。
     *定員に達し次第、参加受付は終了となります。
課題登録:お申込み〜2021年12月20日(月)正午まで

参加申込方法
1、本協会ホームページより認定応用研修会のお申込み(先着順)
 *性別、資格取得年数、訪問経験年数の入力必須となります(グループ分けに使用します)
2、自動返信メールにて受付完了通知と参加費等入金および事前登録課題について案内
3、受講要件として事前に下記の課題´△鮑鄒し、ホームページから登録します。
  事前登録課題受付期間:お申込み〜2021年12月20日(月)正午まで。
   ̄用研修用抄録(様式8)
  発表用スライド(パワーポイント)

*様式8および記載例、パワーポイントの作成については、ホームページトップページのログイン下「本協会認定 認定訪問療法士 のご案内」⇒認定応用研修会からダウンロードしてください。

*応用研修会用抄録および発表用スライドデータは事前登録課題受付期間中、ホームページ会員ログイン後、該当研修会ページの「課題登録」ボタンより該当ファイルをアップロードしてください。
各データは、アップロードの際、「登録名」を『「カテゴリー番号」+「−(ハイフン)」+「会員番号」+「半角英字で名字(姓)」』でご登録ください。
なお、アップロードできる容量は5MB以下となっています。容量オーバーにご注意下さい。
圧縮ファイルでのアップロードはできません。

*(例)カテゴリー1(脳血管疾患系) 会員番号:10000−001  氏名:日本 太郎 
⇒ 登録名は「1−10000‐001nihon」となります。

なお、登録受付期間中であれば、アップロードは、何回でも上書き登録できます。

オンラインリアルタイム研修当日は、参加者各自が作成した発表用スライド(パワーポイント)のファイルをご準備ください。 
「事例報告」のグループワークにおいて全員がオンラインでの発表を行います。
 
*お申込後、メール返信(受信不具合など)が届いてない場合、事務局までお問い合わせください。

なお、認定技術研修会受講済の確認が取れない場合は、その旨、事務局から個別に連絡します(受講要件を満たさない場合、キャンセル扱い)
対象
1)日本訪問リハビリテーション協会の会員であること
2)本協会の認定技術研修会を受講済みであること
定員
100名(定員となり次第、締切とします)
参加費
16,000円(内訳:参加費14,546円+消費税1,454円)

(参加受付後の自動返信メールで専用口座情報をお知らせいたしますので2週間以内に参加費等をお振込ください)。
*本協会の年会費入金口座とは異なりますのでご注意ください。
*入金後のキャンセルによる返金は行いませんので予めご了承ください。講義日程等、今一度ご確認の上、お申し込みください。
pagetop

スケジュール

第1日目
2022年02月06日(日)
08:25〜08:30
開会式・事務連絡
08:30〜10:30
【事例報告1・口述発表】(発表10分+質疑応答10分を2症例)
(セッション1・脳血管疾患系) 
 テーマ:脳血管疾患を有する訪問リハビリテーションについて
 座長:参加者より1名を指名  演者:参加者より2名を指名
 (1月下旬までに座長・演者は連絡をいたします)
(セッション2・整形外科疾患系) 
 テーマ:整形外科疾患に対する訪問リハビリテーションについて
 座長:参加者より1名を指名  演者:参加者より2名を指名
 (1月下旬までに座長・演者は連絡をいたします)
(セッション3・内部障害、廃用障害系)
 テーマ:内部障害・廃用障害に対する訪問リハビリテーションについて
 座長:参加者より1名を指名  演者:参加者より2名を指名
 (1月下旬までに座長・演者は連絡をいたします)
10:40〜12:00
【事例報告2・口述発表】(発表10分+質疑応答10分を2症例)
(セッション4・難病、終末期、小児関連疾患系) 
 テーマ:難病・終末期・小児関連疾患に対する訪問リハビリテーションについて
 座長:参加者より1名を指名  演者:参加者より2名を指名
 (1月下旬までに座長・演者は連絡をいたします)
(セッション5・認知症、精神障害系)
 テーマ:認知症・精神障害に対する訪問リハビリテーションについて
 座長:参加者より1名を指名  演者:参加者より2名を指名
 (1月下旬までに座長・演者は連絡をいたします)
12:00〜12:40
昼休み
12:40〜13:40
【事例報告3・各グループでの口述発表】 グループ報告会
 各グループにおいて口述発表をします(1題:発表6分+質疑応答3分を予定)
13:50〜15:20
グループワーク:リーダーシップ演習
 進行:日本訪問リハビリテーション協会 副会長 宇田 薫
15:30〜16:10
講義:認定訪問療法士の役割と期待
 講師:日本訪問リハビリテーション協会 会長 宮田 昌司
16:10〜18:10
グループワーク:「認定訪問療法士の使命と展望」
 進行:日本訪問リハビリテーション協会 会長 宮田 昌司
18:10〜18:15
閉会式
 
 
pagetop

更新情報

 
 

更新情報最新5件表示=>更新情報一覧表示

pagetop