HOME > 研修・大会案内 >知っておきたい訪問リハビリテーションでのスキル パーキンソン病・症候群

研修・大会案内詳細情報

知っておきたい訪問リハビリテーションでのスキル パーキンソン病・症候群

開催月日
2023年08月26日(土)
開催時間
08:55 〜 12:30
時間備考
締切:8月14日正午
→定員に達したため締め切りました。
会場
オンライン ZOOM
主催
一社)日本訪問リハビリテーション協会
内容
【こんな想いしていませんか?】
 最近は訪問リハビリ事業所が全国に多くなってきました。また今まで以上に介護保険においてゴール設定や訪問リハビリテーションの卒業を考える場面が重要となってきました。そのような中、徐々に症状の進行が認められる神経疾患を担当したときに、具体的な訪問リハビリテーションの評価やゴール設定、次につなぐ支援など悩むことが増えていませんか?
【そこで、今回の研修会では!】
 パーキンソン病・症候群の総論を振り返り、全国各地で行っている訪問リハビリテーションの実践を通して、参加者全体でパーキンソン病・症候群に対する訪問リハビリテーションスキルを共有し検討する研修会を企画しました。パーキンソン病に対して訪問リハビリテーションの中で言語聴覚士、作業療法士、理学療法士が実際にどのようなことをしているのかシンポジウムを通して学ぶこと、情報交換ができる研修会を予定しています。
 
【この研修を受講することで・・・】
 パーキンソン病などの進行性の神経疾患の評価や関わり、具体的な目標設定と適切なリハビリテーションスキルの向上を図ることができます。また全国各地でパーキンソン病に対して具体的に行っている各専門職のリハビリテーションを知ることができます。さらには次につなげる、卒業を考えた訪問リハビリテーションのきっかけを知ることができる研修会です。
 
対象
※興味がある訪問療法士であれば会員・非会員問わず、どなたでもご参加頂けます。
定員
40名
参加費
会員:3,000円
非会員:5,000円
pagetop
参加申し込みは締め切りました。
pagetop

スケジュール

第1日目
2023年08月26日(土)
08:30〜08:55
受付
08:55〜09:00
研修会オリエンテーション
開会の挨拶
09:00〜10:00
々峙繊訪問リハビリテーションスキル(総論)講義50分 質疑応答10分
    パーキンソン病・症候群
 日本医療大学 保健医療学部
 リハビリテーション学科 理学療法学専攻
  理学療法士 小林 英司 氏
10:00〜11:35
▲轡鵐櫂献Ε:パーキンソン病・症候群事例検討
〜神経疾患のゴールと訪問リハでの有用性〜 
座長:本田 憲一 氏
シンポジスト:
○社会医療法人 孝仁会 釧路訪問リハビリセンター
理学療法士 川辺 大樹 氏
○医療法人社団 輝生会 在宅総合ケアセンター成城 成城リハケア病院
訪問リハビリテーション
作業療法士 白鳥 菜都美 氏
○新潟県立燕労災病院
言語聴覚士 斎藤 望 氏
       
11:40〜12:30
A躪臚は澄 .轡鵐櫂献Ε
質疑応答
12:30
閉会の挨拶
 
 
pagetop

更新情報

 
 

更新情報最新5件表示=>更新情報一覧表示

pagetop