新着情報

トップ > 新着情報

新着情報

※ 「協会ニュース」と「資料閲覧」はログイン後見ることがことができます。

2020/03/31

【重要】「第16回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知」 開催中止のお知らせ

 新型コロナウイルス(COVD-19)感染が新たな局面を迎えており、予見が難しい状況となっております。
 直近の状況を鑑みて慎重に検討を重ねた結果、本大会におきましても感染リスクを完全に排除できないという観点から、参加者・関係者の健康面・安全面を最優先すべきであると判断し、2020年5月30日~31日に開催を予定しておりました第16回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知の開催を中止することにいたしました。

皆様と高知でお逢いできることを楽しみに、たくさんの方のご協力を賜り、準備を進めて参りました。感染のリスクを抑え、開催する方法を模索してもみましたが、主催者の日本訪問リハビリテーション協会との協議の結果、最終的にこの決断に至りました。会期直前のお知らせとなり誠にご迷惑をお掛けいたしますが、どうかご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 本大会へ参加予定の方、一般演題の発表予定の方、講師の先生方、出展・広告協賛企業の皆様におかれましては、大変なご迷惑をおかけすることとなりましたことを深くお詫び申し上げます。

なお、ご参加を予定しておりました方の参加料に関しましては、返金にて対応いたします。演題の取り扱いは大会ホームページ、演題発表や学会参加における認定訪問療法士の更新についての取り扱い等に関しましては、認定審査会より別途、協会ホームページで4月中を目処に改めてご案内させていただきます。
(該当の方は、採択通知メールや依頼文書が必要となる可能性がありますので必ず保存しておいて下さい)

一般社団法人 日本リハビリテーション協会
       会長  宮田昌司
第16回日本訪問リハビリテーション協会学術大会
       大会長  小笠原 正
       実行委員長 佐藤健三

大会ホームページへ

2020/03/19

マイページの生年月日確認のお願い

 日頃は当協会の活動にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。
現在、ホームページシステムにおいて生年月日が意図しない日付に表示される現象が報告されています。
 当協会では個人確認のため2018年に生年月日の入力を会員の皆様にお願いしているところでございます。
 協会ホームページにログイン後プロフィール編集にて生年月日をご確認いただき、正しい生年月日に変更してから登録いただけましたら幸いです。
 なお2018年以前にご入会の会員様におかれましては、システムの都合上2018年以降の日付が表示されている場合があります。2018年に生年月日データを導入したためであり、その場合でも変更いただき登録ボタンを押すことで以後データが保持されます。

2020/03/17

研修履歴の欠席表示についてのお知らせ

この度、システム改修に伴いこれまで当会の研修を受講した履歴をご覧いただけるようになりました。
 しかしながら、令和元年9月末日以前のデータについてシステム移行の都合上すべて欠席の表示になっています。
 認定研修会や更新申請をする際の出席確認とは、別に運用しておりますのでご安心ください。

 新しい研修会より順次正常に表示されるよう運用を進めております。

 引き続き会員の皆様の利便性向上に努めてい参ります。今後ともよろしくお願いいたします。

日本訪問リハ協会

2020/02/25

第16回学術大会In高知ならびに2020年度研修の開催について

新型コロナウイルスに罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、感染の早期収束を心よりお祈り申し上げます。

新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、皆様の健康と安全を第一に考慮した結果、当協会では2020年度に開催する学術大会および研修会について、下記の通りの対応を行うことになりましたので、お知らせ致します。

1)2020年5月30日、31日開催の第16回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知について

現在のところ、開催する予定です(詳細は、高知大会のHPを参照ください)。

2)2020年4月25日、26日開催の基礎から学ぶ訪問リハビリテーション(岡山)について

延期が決定しました。
尚、開催時期に関しましては、今後の状況を踏まえつつ検討することとなっております。すでに受講申し込みをしていただいた方には、追って事務局よりご連絡致しますので、今しばらくお待ち下さいませ。日程が決まった際には、改めてホームページにてお知らせ致します。


3)2020年5月9日、10日開催の第19回認定訪問療法士養成研修会(基礎研修会)について

   現在のところ、開催する予定です。


現状では、5月からの研修会・学術大会は開催する予定としておりますが、
今後の状況によっては、中止させていただく可能性もございます。
ご理解いただけますようお願い申し上げます。

日本訪問リハビリテーション協会 

2020/02/10

令和2年診療報酬改定について

中央社会保健医療協議会総会(第451回)より新しい内容が追加されました。
URL:https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000593368.pdf

【在宅関連の改定内容:タイトルと一部内容抜粋】

〇機能強化型訪問看護ステーションの要件見直し
 [経過措置] 令和2年3月31日において現に機能強化型訪問看護管理療養費1、 2又は3を届け出ているものについては、令和3年3月31日までの 間に限り、当該基準を満たすものとみなす。
〇医療機関における質の高い訪問看護の評価
 ※訪問看護・指導体制充実加算(月1回) 150点
〇同一建物居住者に対する 複数回の訪問看護の見直し
 ※イ 1日に2回の場合     (1)同一建物内1人 4,500円 (2)同一建物内2人 4,500円 (3)同一建物内3人以上 4,000円
  ロ 1日に3回以上の場合   (1)同一建物内1人 8,000円 (2)同一建物内2人 8,000円 (3)同一建物内3人以上 7,200円
〇同一建物居住者に対する 複数名による訪問看護の見直し
 ※イ 所定額を算定する指定訪問看 護を行う看護職員が他の看護師 等(准看護師を除く。)と同時に指定訪問看護を行う場合
  (1)同一建物内1人 4,500円 (2)同一建物内2人 4,500円 (3)同一建物内3人以上 4,000円
  ロ 所定額を算定する指定訪問看 護を行う看護職員が他の准看護 師と同時に指定訪問看護を行う 場合
  (1)同一建物内1人 3,800円 (2)同一建物内2人 3,800円 (3)同一建物内3人以上 3,400円
  ハ 所定額を算定する指定訪問看 護を行う看護職員が看護補助者 と同時に指定訪問看護を行う場 合(別に厚生労働大臣が定める 場合を除く。)
  (1)同一建物内1人 3,000円 (2)同一建物内2人 3,000円 (3)同一建物内3人以上 2,700円
  ニ 所定額を算定する指定訪問看 護を行う看護職員が看護補助者 と同時に指定訪問看護を行う場 合(別に厚生労働大臣が定める 場合に限る。)
  (1)1日に1回の場合 ① 同一建物内1人 3,000円 ② 同一建物内2人 3,000円 ③ 同一建物内3人以上 2,700円
  (2)1日に2回の場合 ① 同一建物内1人 6,000円 ② 同一建物内2人 6,000円 ③ 同一建物内3人以上 5,400円
  (3)1日に3回以上の場合 ① 同一建物内1人 10,000円 ② 同一建物内2人 10,000円 ③ 同一建物内3人以上 9,000円
〇理学療法士等による訪問看護の見直し
 ※訪問看護基本療養費Ⅰ・Ⅱとも週4日目以降の評価を見直し、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士による場合 5,550円
  現行、訪問看護基本療養費Ⅰ 週3日目まで5,550円   週4日目以降6,550円   訪問看護基本療養費Ⅱ 週3日目まで4,300円   週4日目以降5,300円

2020/02/10

令和2年診療報酬改定答申について

2020/02/04

研修履歴とポイント確認ページにおける学術大会参加の取り扱いについて

 研修履歴とポイント確認ページにつきまして、企画研修・認定研修を対象としております。
 学術大会参加、発表、座長などのポイントはシステムの都合上現時点で反映することができない状態です。
 何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 なお、本ぺーに表示・非表示関わりなく更新時には確認書類の提出が求められますので関係書類の保存をいただきますよう重ねてお願い申し上げます。

2020/01/31

令和2年度診療報酬改定について

厚生労働省ホームページに中央社会保険医療協議会 総会(第449回)の資料として
個別改定項目が掲載されました。

下記URLをご参照ください。
個別改定項目について(外部リンク)

【在宅関連の改定内容:タイトルと一部内容抜粋】
〇情報通信機器を用いたカンファレンス等の推進
 ※ やむを得ない事情 により対面で参加できない場合でなくても実施可能:感染防止対策加算、入退院支 援加算1、退院時共同指導料2の 注3、在宅患者緊急時等カンファ レンス料、在宅患者訪問褥瘡管理 指導料、訪問看護療養費における 在宅患者緊急時等カンファレンス 加算
〇機能強化型訪問看護ステーションの要件見直し
 ※人員配置基準について
〇医療機関における質の高い訪問看護の評価
 ※訪問看護・指導体制充実加算(月1回) ●点
〇小児への訪問看護に係る関係機関の連携強化
 ※15 歳未満の小児の利用者を含める
〇精神障害を有する者への訪問看護の見直し
 ※精神科訪問看護基本療養費等について、訪問職種の明記
〇医療資源の少ない地域における訪問看護の充実
 ※複数の訪問看護ステーションが連携して24時間対応体制加算の体制:地域の拡大
〇同一建物居住者に対する 複数回の訪問看護の見直し
 ※難病等複数回訪問加算及び精神科複数回訪問加算について
〇同一建物居住者に対する 複数名による訪問看護の見直し
 ※複数名訪問看護加算、複数名訪問看護・指導加算、複数名精神科訪問 看護加算及び複数名精神科訪問看護・指導加算について
〇理学療法士等による訪問看護の見直し
 ※週4日目以降の評価を見直し、計画書・報告書への職種記載

2019/11/26

年会費改定のお知らせ(重要なお知らせ)

会員各位

                                        
                          一般社団法人
                          日本訪問リハビリテーション協会
                          会長 宮田 昌司

                年会費改定のお知らせ

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は本協会の活動及び運営にご支援とご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
任意団体から一般社団法人へ移行後も会員の負担を最小限にするために、会費を据え置いてきました。
その間に、会員数は平成22年からの約10年間で個人会員396人から1,496人、法人会員は72事業所から
348事業所へ増加しました。それに伴い、研修の多様化、ホームページ(会員管理機能、クレジット決済等)の
充実、介護報酬改定における厚生労働省の老健事業への協力や、大規模災害リハビリテーション支援関連
団体協議会(JRAT)、リハケア大会等渉外活動費が増加してきております。
これまでの3度に渡る消費税率の引き上げにおきましても会費を据え置き、さまざまな努力や方法により
コスト削減に努めてまいりましたが、止むを得ず下記のごとく令和2年度の会費より、改定に踏み切らせて
いただく次第です。

今後、本協会の活動が訪問リハビリテーションの一層の発展や社会に対し貢献するためにも、
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
                                          敬具

                  記
1.会費

個人会員:入会金 現在 無→2,000円
     年会費 現在 5,000円→6,000円

法人会員:年会費:1施設目 現在 20,000円→33,000円
         2施設目以降 現在 10,000円→20,000円
     ※入会金は変更なし

2.実施時期

令和2年度会費から(会費請求のご案内は令和2年度総会資料に同封予定)

                                以 上

2019/11/11

【事務局よりお知らせ】事務局移転のお知らせ

平素より、当協会の活動にご理解・ご支援を賜り、誠にありがとうございます。
さて このたび令和元年12月11日より、下記の住所へ事務局を移転する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
何卒御高承のうえ、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
略儀ながらご報告させていただきます。

■新住所■
一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会
〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町14
      千代田寿ビル304号室
TEL/FAX 03-3255-3177
E-mail:nihon@houmonreha.org
homepage:http://www.houmonreha.org

一般社団法人
日本訪問リハビリテーション協会
会 長  宮田 昌司
事務局長 山口 勝也